CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Kafka On The Shore
Kafka On The Shore (JUGEMレビュー »)
Haruki Murakami, J. Philip Gabriel
翻訳が出るのを待っていたので、やっと読みました。久々の新作だったので、読んでいる間は楽しくてやたらとハイだったのですが、読み終わったら...うーん。確かに興味深くはあったのですが。
ちなみにこの本はアメリカの新聞・雑誌の書評でもたくさん取り上げられてました。さすが春樹本。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
e3ny.comへ移りました。
このブログは、e3ny.comへ移りました。

どうぞよろしくお願いいたしまーす。
まり
| MBA | 01:32 | comments(4) | trackbacks(7) |
世界の終わり
ウォールストリートジャーナルの一面に、ペルーの氷河が激減しているという記事が載っていました。Qolqepunku Glacierの地元ではこれまで、200名の男性が衣装とマスクをつけてその氷河にのぼり、魔法の治癒力があるとされている氷を背負って戻ってくるという儀式があったそうですが、氷河が小さくなっているために、今となっては氷をとってくるのはタブーになっているとのこと。

地球温暖化が原因なわけですが、ドキッとさせられるのは、現地の言い伝え。地元では、「山のてっぺんから雪がなくなったら、それは世界の終わりの前触れ」と言われていて、人々はそれを「信じているよ」と言うのです。世界の終わり....が近づいているんですね。世界が終わる前になんとかしなきゃ。氷河を守らなきゃ。e3ny.com
| いろいろな記事 | 10:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
新しい仕事
新しい仕事を始めて3週間(ちなみにオフィスは39階なので、セントラルパークが見下ろせて幸せ)。仕事にも人にもやっと慣れてきたけど、でも、なぜかすごく疲れる。疲れると、よくないことを考えちゃったり、もっとがんばらなきゃとか思ったりして、なんだか悪循環。

来週から夏のセメスターが始まって、仕事の後に授業を受けなきゃならないわけだけど、5時過ぎにオフィスから家に直行して「あぁぁ疲れた」と言いながらぼーっとするよりはまし、というわけで、結局、サマーセッション気皚兇蘯業をとることにしてしまったのです。早く卒業したくて、ちょっとあせっている今日この頃...。それは今年30歳になるからなのでしょうか。うーん、どうなんだろう。
| MBA | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Economicsの最終クラス
今学期は、EconomicsとFinanceのクラスをとって、今週無事に期末試験が終わりました。ああ、うれしい。

ちなみに、Economicsは3回ある試験をすべてオンラインで受けるのです。教授が、「試験をやっている間に回線が切断したら、もう受けられなくなるから、間違ってもダイアルアップなんかでやらないように....まあ、今時、ダイアルアップなんて使ってるセコイやつはいないだろうな」と言ったため、家でダイアルアップを使っている私(セコくてすみません。でも、うちのエリアは拓けてないから、DSLサービスないんだよね...とほ)は毎回、週末にただきっちゃんのオフィスを借りて試験を受けなきゃなんなかったのでした。大学のがやがやしたコンピュータ室で試験なんてやれないよ!

で、このEconomicsの最終クラスは、「試験を振り返って」というクラスだったのだけど、それをみんな知ってるから、試験が終わってなにもわざわざやって来た学生は私を入れて5人。20人ちょっとのクラスなのに...。

そこで、教授(声が高くてでかくて、一番前の席は辛い、50歳くらいのおっちゃん)は、前日のゴジラ松井のプレーについてまず大げさにけなし、でもその後、「でもマツイは人間として本当に素晴らしい選手だ」とかなり褒めていた。この教授はいつもひっどいことや皮肉ばかり言うのだけど、ひそかになぜか日本びいきなのだ。時々「日本はもう衰退のみ」と言いたげな中国びいきのむかつく教授がいるけど、やっぱり日本びいきだとうれしい私。

最後に教授が、「3回の試験で何点をとったか言えば、成績を教えてやろう」と言うので、私が「88点、90点、88点」と言うと、「うーん、本来ならAマイナスだけど、Aにしてやろう」との返事。うはは、仕事のあと疲れてへろへろしながら、最後のクラスにわざわざ行った甲斐あったね。やったー、MBAコースで初めてのAだー(ちょっとズル?ま、いいか)。e3ny.com
| MBA | 10:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
Yield to maturityは日本語で...。
昨日、ファイナンスのクラス中、ふと、「Yield to maturityって日本語でもイールド・トゥ・マチュリティって言うのかしら」と思ったので、
http://www.nomura.co.jp/terms/
で調べてみると、「最終利回り」。へええぇ。

英語で授業を受けても、日本語の用語には疎いままなので、ちょくちょく調べて覚えようと思ったのでした。日本で、「プリンシパル」って言って、「けっ、元本だろっ」とか言い返されないようにね(笑)。
| MBA | 01:44 | comments(4) | trackbacks(1) |
イチロー:the best contact hitter
For Suzuki, Hits Keep On Coming

アメリカって広いなあ、と思うのは、たとえば標準時間がいくつもあったりする時。でも、ニューヨークでドジャースやマリナーズの試合が見られない時にも感じる。球団数が多くたって、ケーブルのチャンネルも多いんだから、普通に見られたっていいのに、と思うのだけど、そうはいかない。そんなわけで、ICHIROを見ることなんて、日本より断然少ない。

あんなにナイス・ルッキングなんだから、もっと全国的に有名になれば、実力もあるわけだし、CMとか宣伝に登場できそう、と期待するけど、残念ながら、ニューヨークではイチローの名前はなかなか聞かない。でも、この記事、すごい。イチローの本も書いているシアトルタイムズの記者が書いただけあって、褒めまくり。これを読んで、ICHIROに注目するニューヨーカーが増えるといいな。
e3ny.com
| いろいろな記事 | 01:36 | comments(1) | trackbacks(2) |
ミレニアム・エコシステム・アセスメント
What on Earth are we doing to our planet?

各紙(日本の新聞は調べていませんが)にMillennium Ecosystem Assessmentの調査結果に関する記事が載っています。このMillennium Ecosystem Assessmentは、国連のアナン事務総長が2001年に立ち上げた、生態系を調査するプログラムだそうです。

調査結果によると、哺乳類、鳥類、両生類の10〜30%がすでに絶滅の危機にあるそうです。” bushmeat trade in Africa”とありますが、このまえ、ディスカバリー・チャンネルでこれをテーマにしたプログラムを見たのですが、本当にゴリラとかチンパンジーをマーケットで売っているのです。また、米国の団体が森林伐採によって住むところを失ったサルの保護活動をする様子が撮られていたのですが、ちょっとむなしかったです。その団体が一部を保護する間にも、縄張りを追われて死んでいくサルたちがいるのだから。

この調査結果の声明にあるように、政府、企業、地域社会の協力で自然を破壊しない努力を行わなきゃならないのだろうけど、急速に進む生態系の崩壊を防ぐのは並大抵の取り組みでは難しそうな上に、政府も企業も経済を優先する団体なので、それを超える、世界的な取り組みが必要なのではないかと思います。たとえばUNが先導して先進国でも途上国でも共通の環境対策をやることで、世界中の人が取り組めば、かなりの変化が生まれそうな気がします。
http://www.e3ny.com
| - | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>